users voice
  • home
  • Web Magazine

Web Magazine

ウェブマガジン

北欧の国々に学ぶ。北欧インテリアのつくり方

寒さが厳しく長い冬に、少しでも家で楽しく快適に過ごしたいと、知恵が詰まった北欧インテリア。日本の冬にも取り入れたい素敵なアイデアが満載です。記事では、取り入れやすい北欧インテリアならではのアイデアをピックアップします。


1.北欧インテリアとは

北欧インテリアとは


夜が長く寒さ厳しい北欧の国、スウェーデンやデンマーク、フィンランド、ノルウェー。北欧の国々では、家の中で快適で楽しく過ごすため、温かみのある元気で明るい住まいづくりがインテリアにも表れています。日本でもあらゆるインテリアジャンルのなかで、人気の高いテイスト。洗練された雰囲気のなかに、素朴で温かみのある雰囲気が日本人の感覚にもマッチしているのでしょう。今回は、気軽に北欧テイストを楽しめるインテリアのアイデアをご紹介します。


2.木の温もりを楽しむ

木の温もりを楽しむ


北欧インテリアに欠かせないのが、優しい雰囲気を演出するオーク材やパイン材などを使用した木製家具。機能性を追求したシンプルなデザインと、汎用性で人気を集めています。森を思わせる木の香りや温かな雰囲気で空間を包み込めば、季節を問わず快適に過ごせそう。北欧家具のなかでも特に注目したいのが名作チェアの数々。デンマークのデザイナー、ハンス・ウェグナーが生み出した「ザ・チェア」は、世界のセレブにも愛される逸品。「Yチェア」は、体にフィットする普遍的なデザインと経年変化を楽しめる木の質感が人気を集めています。誰もが長く愛用したいと思える、木の温かみを生かした優れた作品は、世界中で今なお愛され続けています。


3.ファブリックで華やかさを

ファブリックで華やかさを


壁面やテーブル、ベッドルームに、北欧の華やかでナチュラルなファブリックを取り入れると、見違えるほどおしゃれな雰囲気に。自然に囲まれた北欧ならではの、植物や動物が描かれたテキスタイルは、ナチュラルで楽しい雰囲気に満ちています。マルチクロスなら壁に飾るタペストリーとして、ソファカバーやベッドカバーとしてなど、さまざまな使い方ができます。


4.植物や動物モチーフの小物でかわいく

植物や動物モチーフの小物でかわいく


インテリアの仕上げには、可愛らしい植物や動物モチーフの小物を取り入れてみましょう。棚上やオープンシェルフの一角など、小さくてもディスプレイコーナーをつくれば、心潤う空間に。日本でも人気の高い、イッタラやマリメッコといった華やかでインパクトのある北欧ブランドのアイテムを取り入れるのもおすすめです。さらにインテリアグリーンを組み合わせると、一層みずみずしく心地良い空間に導きます。


まとめ

洗練されたおしゃれな空間として知られる北欧インテリアですが、気候や文化から生まれたものだと知ると、より住まいづくりの奥深さを感じますね。寒さ厳しく夜が長い日々を、何とか楽しく過ごしたいという人々の思いが込められた暮らしの知恵。自宅にいる時間を充実させたいという日本人のライフスタイルにもマッチしているのではないでしょうか。あなたもぜひ北欧インテリアを取り入れて、温かみのある快適な暮らしを楽しみませんか。




他の「Web Magazine」を見る