users voice
  • home
  • Web Magazine

Web Magazine

ウェブマガジン

収納は「見せる」「隠す」を上手に活用。理想のキッチンづくりのアイデア

収納は「見せる」「隠す」を上手に活用。理想のキッチンづくりのアイデア


毎日の食事をつくるキッチンは、住まいづくりのなかでもこだわりたいもの。理想のキッチンは人それぞれですが、どんな願いもまず「見せる」と「隠す」を上手く組み合わせた収納からはじまります。今回は、洗練されたキッチンをつくるための収納づくりや飾り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


1.理想のキッチンづくりに必要なものとは

理想のキッチンづくりに必要なものとは


あなたは、「理想のキッチン」と聞いてどんな空間が思い浮かびますか。インテリアを自分好みにすることも理想に近づけるために大切なポイントですが、最も注目したいのが家事動線。基本的には、シンクから加熱機器、冷蔵庫は、1歩から3歩で移動できることが理想だと言われています。買い物から調理まで、さらには調理器具を取り出して料理をしてから食卓に出すまでの流れを日ごろからシュミレーションし、自分がいちばん使いやすい配置を確認しておくと、快適なキッチンづくりに役立ちますよ。


2.見せる収納のコツは「使いやすさ」

見せる収納のコツは「使いやすさ」


キッチンでの見せる収納は、美しいだけでなく使いやすさを重視しましょう。例えば、フックやバーを設置して、使用頻度の高いキッチンツールをハンギング収納すると便利です。お気に入りの鍋や調理器具は、しまい込まずオープン棚に並べておくとキッチンインテリアとしてもアクセントになります。料理しやすさを左右する調味料置き場にもひと工夫。統一された容器に移し替え、ラベリングして整然と並べると、一目でどこに何があるのか分かり探す手間が省けるので効率的です。


見せる収納のコツは「使いやすさ」


キッチンスペースに余裕がない場合は、壁面にニッチ(壁の一部をくぼませた部分)をつくるのもおすすめ。壁の厚みを利用してちょっとした収納棚をつくることができます。暮らしに潤いを与えてくれる観葉植物やキッチン雑貨を集めたディスプレイコーナーにするのも素敵です。収納棚は、いずれも詰め込み過ぎずスペースにゆとりを持たせると、使いやすさ、掃除しやすさにも繋がります。


3.隠す収納を徹底するなら「造作家具」というアイデアも

隠す収納を徹底するなら「造作家具」というアイデアも


キッチンは、カフェのように生活感をできるだけ出したくないという方も多いのではないでしょうか。特に対面タイプの場合、リビングから見えるキッチンをいつでもすっきりとさせていたいですよね。特に来客の多いご家庭は、隠す収納スペースを確保しておくと安心です。


隠す収納を徹底するなら「造作家具」というアイデアも


キッチンカウンター下に大容量の収納を確保しておくと、調理器具や食器の置き場としても活躍します。食器にこだわりがある方は、棚を造作家具にするというアイデアも。造作家具なら無駄なスペースをつくることなく、サイズの異なる手持ちの食器をすっきりと収めることができます。リフォーム時にオーダーメイドできる場合もあるため、相談してみてはいかがでしょうか。


4.パントリーがあれば生活感のないキッチンに

パントリーがあれば生活感のないキッチンに



食品や家電などを収納できる、キッチンのなかやキッチンに隣接したスペースが「パントリー」。近年のキッチンリフォームのなかでも人気の高いアイデアです。足を踏み入れることができる程度のスペースで実現するため、家族の人数が多い方、食材を大量にストックしたい方、調理器具や家電をみせたくない方は検討してみてはいかがでしょうか。パントリーがあれば、キッチンにゆとりが生まれ整理整頓された状態を保つことができます。


まとめ

まとめ



キッチンは調理する人が快適に過ごせることが大切。そのためには、機能性を高めること、掃除しやすく清潔であることがポイントになります。あなたもぜひ隠す収納、見せる収納を上手に活用して理想のキッチンを実現してくださいね。




他の「Web Magazine」を見る