T.MIYAUCHI

メンテナンス通信

投稿日:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

メンテナンス担当の宮内です。

今年は10月に入っても汗ばむ日も多かったですが、

さすがに近頃は、肌寒くなり冬の到来を予感させます。

今回は本格的な冬を迎える前に、以前にもお話させていただきました、

給湯器の凍結のおさらいをさせていただきます。

近年の気象は、予想を超えることが多くなっていると感じています。

いままで、凍結とは無縁だった県南の方でも注意が必要です!

たった一回の凍結でも給湯器が壊れてしまい、多額の修理費がかかってしまうこともあります。

それでは、給湯器のどこが凍結するか見てみましょう、凍結する可能性があるのは

①水道配管部分 ②給湯器本体配管部分 ③おいだき配管部分 ④給湯配管部分です。

凍結が多いのは水道水が通るですが、こちらは、給湯機の凍結防止機能ではカバー出来ません。

通常、必要な保温処理がなされていますが、記録的な寒波などでは凍結の恐れがあります。

保温材が破損してなどの確認をお勧めいたします。

つづいて、給湯器の凍結防止機能をご紹介いたします。

1.自動ポンプ運転 (追い焚き付きふろ給湯器のみ)

おいだき配管に自動で水を循環させることで給湯器が凍結を防止する機能です。気温が5℃以下になり、かつ、浴槽の水が循環口(水とお湯の出入り口)よりも上に残っていれば自動的に作動します。
自動ポンプ運転の凍結防止はあくまで給湯器と浴槽の循環している配管の保護となりますので、給湯器の水道配管部分の凍結防止には効果がありません。2.給湯器内部に装備されたヒーター

ヒーターで給湯器内部の配管をあたためることで凍結を防止します。ヒーターは給湯回路に装備されています。

給湯器本体は上記の凍結防止機能により、よほどの低気温でなければ滅多に凍結するものではありませんが、

湯船にお湯を残して置くなどの備えが必要となります。

今回、お話させていただいた機能はほとんどの給湯器が備えている機能ですが、

お使いの給湯器の取扱説明書をもう一度ご確認いただくことをお勧めします。

ご不明な点等ございましたら、お問い合わせいただければお答えせていただきます。

「空間・ライフスタイルから考える家づくり」

thinks/(株)翼創建
HP http://www.tsubasasouken.co.jp
Facebook https://www.facebook.com/tsubasasouken

お電話でのお問い合わせはこちら→ tel 0270-32-8899

-T.MIYAUCHI

関連記事

メンテナンス通信

皆様、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 メンテナンス担当の宮内です。 ニュースや天気予報でご存知かと思いますが、 今夜半にかけて、台風24号が関東を通過する予報です。   & …

こだわりのサイクルガレージ。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 リフォーム、アフター工事担当の宮内です。 今回は、thinksオーナー様のアフター工事の事例をご紹介させていただきます。 お引渡しから8年のH様、3人 …

キッチン水栓のメンテナンス

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 メンテナンス担当の宮内です。 お家の設備の中でも、奥様にとってもキッチンはもっとも身近な存在ですよね。 そしてキッチン水栓は、ほぼ毎日使わな日は無いの …

次世代住宅ポイントについてのお知らせ。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 リフォーム担当の宮内です。 皆様もご存知の通り、コロナウイルスのが様々なところに影響を及ぼしています。 皆様もどうぞお気を付けくださいませ。 我々、ス …

梅雨時期のメンテナンス

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 メンテナンス担当の宮内です。 6月に入り、雨模様の毎日が続いていますね。 この時期に気になるのが、湿気による結露やカビなどではないでしょうか? いつも …

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930