users voice
  • home
  • Web Magazine

Web Magazine

ウェブマガジン

室内干しが快適に!便利でおしゃれなアイデアとは?

洗濯物はどこに干しても生活感がでてしまうため、おしゃれな空間づくりの妨げになると困っている方も多いのではないでしょうか。天気だけでなく、花粉や大気汚染などへの対策として快適な室内干しスペースに関心が高まっています。今回は、機能的でありながらスマートな室内干しのアイデアをご紹介します。


1.インナーバルコニーで快適な室内干し

インナーバルコニーで快適な室内干し


新築やリノベーション時から検討したいアイデアが、インナーバルコニー。その名のとおり建物のなかに設けるインナーバルコニーは、ガーデニングスペースや第2のリビングとしてなど、多目的に使える空間です。雨の影響を受けにくく日当たりや風通しの良いスペースのため、快適な室内干しスペースとしても活躍します。


洗面所と繋げれば、効率的に動ける室内干し空間に。洗面台とは別に、洗濯物の簡単な手洗いもできるスロップシンクがあればより便利に使えます。インナーバルコニーなら、雨に濡れることなく、屋外に近い環境で作業できるのもメリットです。


2.取り外し可能な室内干しアイテムを取り入れる

取り外し可能な室内干しアイテムを取り入れる


住まいに生活感を持ち込みたくない方におすすめなのが、取り外し可能な室内干しアイテムです。最近では、省スペースで室内干しできる天井からポールを吊るすタイプが人気。使用しない時には、ポールごと取り外せるアイテムもあるため、スペースを有効活用できます。


3.昼間使用しない部屋を有効活用

屋内に物干し場所を確保することが難しい場合は、昼間は使用しない部屋を使うのもひとつのアイデアです。例えば、書斎や寝室などを広くとっている場合は、窓際の日当たりと風通しの良い場所を室内干しスペースにしてみては。ただし、洗濯物から出る湿気が室内を湿らせるため、できるだけ窓際に干すようにしましょう。


4.インテリアに溶け込む室内干しスペースをつくる

インテリアに溶け込む室内干しスペースをつくる


室内干しは、どうしても生活感がでてしまうもの。しかし、インテリアに溶け込むよう工夫すればお悩みは軽減されます。例えば、男前インテリアに室内干しを取り入れるなら、配管や梁などの構造を上手に使ってみては。スチールや木製など、インテリアに合ったハンガーを揃えるのもおすすめです。洗濯用品にこだわれば、室内干しが楽しくなるのではないでしょうか。


まとめ

まとめ


天候に左右されない室内干しスペースは、住まいのなかで一箇所でもあるととても役立ちます。洗面所やインナーバルコニーなど、洗濯する場所から離れずに作業できる動線づくりが家事効率アップの鍵。ぜひ、室内干しスペースを検討してみてください。




他の「Web Magazine」を見る