users voice
  • home
  • Web Magazine

Web Magazine

ウェブマガジン

「ランドリーインテリア」にこだわれば家事が楽しく!使いやすさのポイント

忙しい毎日のなか、家事を効率的に進めたいという方は多いのではないでしょうか。洗い、干す、収納するといういくつもの工程がある洗濯は、特に時短で済ませたいもの。そこで今回は、使いやすく家事が楽しくなりそうな「ランドリーインテリア」に仕上げるポイントをご紹介します。


1.モノを減らしてシンプルに

モノを減らしてシンプルに


ランドリースペースは、基本的に狭くて生活雑貨が溢れてしまう場所。おしゃれで使いやすくする第一歩は、「モノを減らす」ことです。例えば、洗濯機の周りに必要なのは、洗剤、洗濯カゴ、洗濯物を干すバー、ハンガーなど。限られた空間だからこそ必要最低限のアイテムだけにしておけば、いつでもすっきりとした空間をキープできます。


また、モノが少ないことで洗濯用品を取り出す手間も省けて、シンプルな動きで物干しできるというメリットも。洗濯用品が増えすぎないよう、それぞれのアイテムの上限を決めておくのもおすすめです。


2.隠す収納と見せる収納を上手に

隠す収納と見せる収納を上手に


ランドリースペースは、モノが増えてしまいがち。収納方法を工夫して使いやすくすっきりとした空間を目指しましょう。例えば、オープン棚を設置して見せる収納と隠す収納を上手に使い分けてみては。


生活感のでやすい生活雑貨は、カゴなどに小分けして隠す、おしゃれなパッケージの洗剤などは出しておくと気分も上がりそうですね。生活感をおさえたおしゃれなランドリースペースなら、楽しく家事が進みそうです。


3.家事動線を意識した配置に

家事動線を意識した配置に


ランドリースペースは、家事効率があがる配置を工夫しましょう。忙しい時でも、必要最低限の動きで洗濯ができるため、時間の節約にも繋がります。洗濯機から取り出した洗濯物をカゴに移し、台に置いてバーに干すという流れを自然に行うためには、できるだけ洗濯関連の配置をコンパクトにまとめることが大切。洗濯機から物干しスペースまでの距離が短いほど、楽に作業が進みます。ぜひ家事動線にも注目してみてください。


4.お気に入りのインテリアで気分を上げる

お気に入りのインテリアで気分を上げる


ランドリースペースは生活感のでやすい場所ですが、狭い空間だからこそ好きなテイストのインテリアでまとめやすいのが魅力。
雑貨や色合いなどを同テイストで揃えることで、ぐっと洗練された雰囲気に。白やベージュ系の優しい色合いでまとめれば清潔感のある印象に、濃い色をアクセントに使えばモダンな印象に仕上がります。


まとめ

使いやすさと美しさを兼ね備えたランドリースペースは、家事をより楽しくしてくれそうです。洗面所は来客の目にも入るため、ぜひこだわってみてはいかがでしょうか。




他の「Web Magazine」を見る