users voice
  • home
  • Web Magazine

Web Magazine

ウェブマガジン

thinksの家づくり~一人ひとりに収納スペースが用意されたお家~

お客様のこだわりを妥協なく詰め込み、なおかつ住みやすさを大切にした家を作る。そんな考え方がthinksの家づくりの原点です。今回は「一人ひとりに収納スペースが用意されたお家」を紹介していきます。


玄関に大きめの収納スペースを

玄関に大きめの収納スペースを


家づくりにあたって、特に女性の方が気にするポイントのひとつが収納スペース。洋服など、かさばりがちなアイテムの置き場所を考えるのは、家づくりの命題でもあります。


こうしたスペースを広く作れる点で、注文住宅はマンションなどと比較して大きなアドバンテージがあります。マンションでは、面積に占める収納の比率が10%前後であることが多いのですが、注文住宅では自分の持つモノの多さに合わせたスペース作りをすることができます。


こちらのお家には、玄関前に大きなシューズクロークを設置。靴のままアクセスできるので、「帰ってきたら荷物を置いて家に入る」という家の中が散らかりにくい導線となっています。


家に収納スペースの占める割合は、少なすぎるとモノが溢れ、多すぎれば家が狭くなってしまいます。事前に、自分たちの持つアイテムがどれくらいあるのか、また、今後どれくらい増えていくのかを確認しておくことをおすすめします。


大き目の窓でリビングに日差しを

大き目の窓でリビングに日差しを


オーナーが「完成してみたら、想像していたよりも広く感じた」と語るLDKは、壁いっぱいの掃き出し窓からの日差しで、温かみのある明るい空間となっているのが特徴。


十分に採光が取れているので、ブラックで統一されたシンプルモダンなインテリアでも昼間は重たさを感じさせず、逆に夜には落ち着いたリラックスのできるスペースとなります。


リビングイン階段となっているので、お子様たちとの日々のコミュニケーションも取りやすく、空調を2機取り付けているので温度のコントロールも問題ありません。


オープンキッチンで料理をしながら家族とコミュニケーション

オープンキッチンで料理をしながら家族とコミュニケーション


I型の壁付けキッチンでは料理中、ほかの人に背中を向けることになってしまうため、どうしても作っている人が孤独になってしまいがち。このようにオープンキッチンスタイルなら、家族と会話をしながら楽しく料理をすることができます。


キッチンはカウンターも備えているので、簡単な食事やちょっとお酒を飲みたい時などは、こちらで気分を変えてみてもOK。


ダイニングも丸テーブルで家族全員の顔を見やすく、コミュニケーションが取りやすいよう工夫されています。


ベッドルームは窓の位置を高めに

ベッドルームは窓の位置を高めに


主寝室にはシングルベッドを2台設置しています。このお部屋のポイントは窓の高さ。ある程度高いところに窓をレイアウトすることで、プライバシーを確保しながら朝にはうまい具合に日差しが差し込むようになっています。


気持ちの良い目覚めを迎えるために、太陽の光は必要不可欠なもの。寝室を考える際は、採光についてしっかりと考えておきたいところです。


お天気の良い日はテラス席で

お天気の良い日はテラス席で


「とにかく、家の形がお気に入り」とオーナーが語る外観は、ブラックを基調としたモダンでスタイリッシュな形状。


LDKからつながるウッドデッキは、地面からの高さを十分にとっているので開放感抜群です。晴れた日には、テラス席でのんびりと過ごすことができる、この家一番のリラックススペースとなります。


こうしたプラスαのアイテムは、暮らしにゆとりや潤いをもたらしてくれます。
面倒だと思われるメンテナンスやお手入れも自分で手をかけることで愛着がわき、暮らしの一部となります。


このお家のような家族から愛される、遊び心と機能を両立させた家づくりを考えている方は、土日もショールームを開催しているので、ぜひthinksまでお気軽にご相談ください。




他の「Web Magazine」を見る